三井住友カード ゴールドローン

優れたカードローンの三井住友カード「ゴールドローン」

クレジットカード「三井住友VISAカード」でおなじみの「三井住友カード」では、カードローンの三井住友カード「ゴールドローン」という商品も提供しています。

 

 

ここでは、ゴールドローンの申し込みの流れについて見ていきましょう。

 

インターネットで申し込みをする

まずはゴールドローンへの申し込みですが、申込方法はインターネットのみです。

 

インターネットで三井住友カードゴールドローンのホームページにアクセスをして、「お手続きへ進む」というボタンをクリックします。するとインターネット申込み手続きが開始され、まずは利用規約などの確認を行ないます。

 

確認が取れたら、今度はゴールドローンへ申し込む本人についての情報を入力です。本人の氏名や住所、生年月日に性別、電話番号にメールアドレス、勤務状況などを入力していきます。

 

次に、カードローン利用代金の支払い口座の設定をします。

 

三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行といったメガバンクはもちろん、ゆうちょ銀行やりそな銀行、ソニー銀行などの金融機関の口座を持っていれば、インターネットを使って口座の設定が可能。

 

対象でない金融機関の口座しかないという方は、インターネットで申し込みを行なってから、郵送で口座の設定を行なうこととなります。

 

次に、職業についてです。

 

勤務先の住所、電話番号、資本金に入社年月、従業員数などを入力していきます。なお、勤務先に在籍確認を行なったり本人確認の連絡をする場合があります。

 

学生の方も申し込めますが、その場合には学校に関する情報を入力してください。

 

希望するカードで「ゴールドローン」を選択したら、入力内容の確認を行います。間違っているようでしたら、訂正ページから訂正を行ってください。その後、申し込み内容が案内されます。

 

そして、インターネットを使って口座の設定が可能な金融機関を選択した方は、ここから各金融機関のウェブサイトにアクセスをして、引き落とし口座の設定を行ってください。

 

銀行口座の登録は銀行のカードローンでも行うところが多く、オリックス銀行が提供しているオリックス銀行で借りられるカードローンでも振り込み用の口座登録を行います。

 

インターネットによる入会申し込みの注意点

インターネットによる入会申し込みには、以下のような注意点があります。

 

まずは暗証番号についてです。

 

暗証番号は、ホームページで登録した番号で作成をします。もしゴールドローンのカード発行後に暗証番号の変更を行いたい方は、カードをもう一度作り直さなければなりません。

 

次に、WEB明細書についてです。

 

インターネットにて入会申し込みをされた方については、次回支払い金額確定のお知らせをメールにて送ります。利用代金明細書は送付しませんので、ご注意ください。

 

ちなみに明細書は、三井住友カード会員向けのインターネットサービス「Vpass」にログインして閲覧することが可能です。

 

なお、システムメンテナンスや通知メールが届かなかった場合などは、紙の明細書や通知書が送られてくることもありますので、了承ください。

 

Vpassについても注意点があります。

 

会員向けのインターネットサービスである「Vpass」ですが、入会申し込みをされた方については、Vpass登録の案内をメールやはがきでお知らせすることとなっております。

 

入会申し込みの際には、メールアドレスが必要となるのですが、利用可能なメールアドレスはパソコンのみで、携帯電話など専用のアドレスは利用できません。三井住友カードゴールドローンを希望される方は、あらかじめフリーメールアドレスなどを取得しておくといいでしょう。

 

そして、サイトのセキュリティについてですが、三井住友カードでは暗号化通信プロトコルの「SSL128bit」を採用していますが、データの安全性を100%保証するものではありません。

 

これはどのカードローンサービスでも同様で、セキュリティ面が強いとされている信頼のできる三井住友銀行カードローンの手続きにおいても安全性は100%ではありません。

 

とは言え、非常に高いレベルでのセキュリティであることには変わりは無いので、ネット上での手続きでも安心して進められることでしょう。